新着記事

2012 / 2023・24追記

【2012年9月7日/2024年7月追記】『漫画探訪』を入手したり酒場でおどろいたり

【2012年9月7日】東京古書会館、趣味展。扶桑書房の棚から1冊も見つけられなかった。まだまだ甘い。1冊だけ、久保天隨先生の著書を発見してぴくっと来た。明治33年の紀行文集『七寸鞋』で値段は800円。四の五の言わずに買っておけばよいだろうに...
2012 / 2023・24追記

【2012年9月1日・5日/2024年6月追記】古本のあとのお酒

【2012年9月1日】西部古書会館、杉並書友会。竹岡書店の棚から『古本屋日記・老残随筆』伊吹ふみ子(三茶書房/1996)400円、茶々文庫から『新時代の住宅建築構造図解』増山新平(大洋社出版部/昭和14/16版)840円、キクヤ書店では『男...
2012 / 2023・24追記

【2012年8月30日・31日/2024年6月追記】30日浦和・31日神保町

【2012年8月30日】浦和へ行き、埼玉県立近代美術館〈ウルトラマン・アート!〉と、うらわ美術館〈ブラティスラヴァ世界絵本原画展〉を見る。ウルトラ展は、ウルトラマンとウルトラセブンの世界を展示。メトロン星人のアパートの一室が再現されており感...
2012 / 2023・24追記

【2012年8月24日・25日/2024年5月追記】連日の炎天下の古本

【2012年8月24日】東京古書会館の書窓展。あきつ書店の棚にて、①『街頭連絡・医者と坊主』北村小松(アトリヱ社=現代ユーモア小説全集第四巻/昭和10)函付900円。アトリヱ社版ユーモア小説全集の北村小松篇。先制ホームランと言いたいような収...